ワーキングマザー第一人者のお客様

こんにちは。イメージコンサルタント・ビジネスマナーインストラクター・健康美容コミュニケーター・食育インストラクター・ドリマ先生のしょうこです。

 

 

本日はコンサルを受けて頂いたお客様の声を2回に分けてお届けしたいと思います。

※お名前及び感想はお客様の許可を頂いたものを掲載しております

今回のお客様は、株式会社ACT3(アクトスリー)の代表、堂薗稚子さん。

 

 

以前ブログでもご紹介した前職の同僚です。

今は女性活躍推進に関するコンサル事業などをされています。

彼女自身も2児のママ。

リクルート在職中はリクナビ派遣の責任者をやっていたり、

そりゃもうワーキングマザーの代表といったらこの人!でした。

 

 

そんな彼女が独立して、企業向けのセミナーなど

前に出ることも今まで以上に多くなるとのことで、コンサルにお越しいただきました。

 

 

彼女のお仕事は企業相手。

見せたいイメージは、会社の代表としての信頼感・安定感。

 

 

そして企業の女性社員の方と接することもあるとのことで、

そういう時は少し女性らしい華やかさもプラスしたいとのこと。

 

 

スタイリングのご提案は7分類14タイプを基に行いますが、

14タイプでというのはなかなかなく、大抵は掛け合わせです。

 

 

上記以外の見せたいイメージ以外にも1時間位ヒアリングをさせていただき、

「トラディショナル(British/French)」タイプと

「エレガント(Elegant/Sophisticate)」タイプをMixしたスタイリングをご提案しました。

14タイプ

 

 

「トラディショナル」と「エレガント」はどちらも「静」なイメージ。

元気にアクティブにという感じのタイプではありません。

だからこそ、「信頼感」「洗練感」をよりイメージできるスタイリングです。

 

 

 

でも、同じ「トラディショナル」と「エレガント」でも、

その方に 似合うスタイルのご提案なので、人により強調するポイントが変わります。

 

 

前回のお客様Mさんも同じ「トラディショナル」と「エレガント」のMixでしたが、

Mさんは「トラディショナル」でも”ブリティッシュ”を強調していて、

堂薗さんは”フレンチ”を強調しています。

 

 

この違いは大きくて、同じテーラードスーツでも、

堂薗さんはカチッとした角がしっかりとあるような直線をイメージするもの。

素材はウールなどあまり厚手でなくハリ感のあるものを。

P1010732

 

 

Mさんは”ブリティッシュ”に、”ソフィスティケート”の要素も強めに入れ、

デザインは角がしっかりあるようなものでなく、柔らかさのある丸みのあるもの。

素材はしっかりしたもので光沢のないジャージ素材など。

P1010730

 

 

これはお顔立ちとパーソナルカラーも考えて、

いかに「なりたい」イメージに近づけるかなので、

本当に人それぞれ、、、の結果になるんです。

 

 

 

コンサルティングでは、

・レポート(約15ページ)

・スタイリングガイド(約100ページ)

※体型分析より似合うデザインの洋服タイプがわかるテキストです

・スタイリング例コラージュ

をお渡しし、それを元に体型分析の結果やご提案内容をお伝えしています。

 

 

ご提案時に意識しているのは、

・私の頭の中にあるイメージをいかにお客様にわかりやすく伝えるか

・短時間(2時間程度)で多くのフィードバック&提案をするため、

あとで見返せるわかりやすい資料を作る

です。

 

 

特に後者は、私自身も実感したことなので、

試行錯誤を重ねています。

 

 

2時間という長い時間ではありますが、

本当に多くのことをインプットさせていただくことになるので、

頭に残ることは限りがあるんです。

私自身も自分のコンサル結果の資料は、今でも振り返って見ているんです。

 

 

なので、

振り返って見たいと思える、役立つ資料作成

を心がけています。

 

 

弊社のサービスはアフターフォローが含まれています。

コンサル終了後三カ月はメールでお問い合わせにお応えしています。

 

 

堂薗さんからも早速、

「ネットショッピングで買いました!」と写真付きでご報告を頂きました。

これ、本当に嬉しいんですよ♪

 

 

堂薗さんから頂いた感想と、ネットショッピングの感想は

次回のお楽しみです♪

 

 

 

↓ お問い合わせ・コメント等はコチラへお願いします☆

お問い合わせはこちらから

BARCLAIR CO.LTD (東京 渋谷エリアのイメージコンサルティングサロン)

 

 

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ