未来は右上にある

こんにちは。イメージコンサルタント・ビジネスマナーインストラクター・健康美容コミュニケーター・食育インストラクター・ドリマ先生のしょうこです。

 

 

2014年。

自分の”今年”を整理するためにもドリームマップの新春講座に参加してきました。

 

講師はドリームマップ考案者である秋田稲美さん。

秋田さんの引き出しの多さって本当に素晴らしいんです。

 

様々な角度から的確に

わかりやすく提供して下さる学び、

いつも刺激を受けます。

 

 

そんな秋田さんの新春講座。

まずは、2014年の自分のゴールとその実現のステップを

1年間というストーリーで考えました。

 

 

目の前の紙にペン片手に向かおうとしたワタシ達。

普通そうなりますよね。

 

そしたら秋田さんが、

「みんな、左脳じゃなくて右脳使って考えてみない?」と。

 

「へ?」

 

秋田さんによると、

 

ペンを片手に机に向かう、

ってのは左脳が動くんだそうです。

 

そうすると、正論に近い真面目な答えが生まれがち。

 

新たなことを想像するとき、右脳を動かした方が

新しいアイデアが生まれやすい。

 

それには机から目を離して、

ペンも手から放して、

歩きながらとか考えるのがいいんですよ、と。

 

確かに。

というのも、新たな仕事のアイデアとかが出るときって、

ワタシは歩いている時が多いんです。

 

ちょっとしたヒラメキがあるのが、

歩いている時や、

お風呂に入っている時。

 

 

NETで見た、右脳と左脳について。

 

左脳は思考や論理を司る人間的な脳。

論理的な思考を行う脳で、パソコンでいうとCPUのような働き。

 

一方の右脳は五感を司る動物的な脳。

五感を通じた感覚・感性で、DVDのように大量な映像や音楽情報を

データとして記憶することができる。

 

 

脳は案外と単純なものなので、

ペンを片手に机に向かうってだけで、「思考・論理」の左脳が動くんですね。

 

更に。

人は、ものさしのイメージで、

左右であれば、左が過去で右が未来、

上下であれば、下が過去で上が未来と考える人が多いそう。

 

 

そう!

だから、未来は右上にあるってわけです!!

 

 

何か新しいアイデアが欲しい時、

柔軟に思考をしたい時。

 

パソコンに向かうんじゃなく、

ペンを手から放して、

机を離れて、

右上を見ながらぷらっ~と歩いてみると、

新鮮なアイデアが浮かぶかもしれませんよ♪

 

 

ちなみに、ワタシはバッチリ生まれました☆

頭スッキリ、

今年の歩み方も整理できました。

 

 

そして、

「うわー、3月までにここまでやっておかないとダメじゃんっ!!」

「7月までにこれをやるってことはその種まきは最低でも3月までにやっておかないと・・・」

などなど、3月までにやることが目白押しになっていることが

よーーーくわかりました。

 

 

昨日、前職同期で今は斡旋会社社長サンI氏にもらった卓上カレンダー。

スケジュール帳とは別に、

このカレンダーを今年の歩み方、タスクの管理に使わせてもらおう!!

IMG_2220

 

カレンダーはメッセージ入り。

IMG_2219

なんかこの一年をずっと励ましてくれる感じがして、

元気になれそう☆

 

 

 

↓ お問い合わせ・コメント等はコチラへお願いします☆

お問い合わせはこちらから

BARCLAIR CO.LTD (東京 渋谷エリアのイメージコンサルティングサロン)

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ