第一印象を上げる着こなし術セミナー!

こんにちは。イメージコンサルタント・ビジネスマナーインストラクター・健康美容コミュニケーター・食育インストラクターのしょうこです。

 

今日はソニー生命様にてライフプランナー(以下LP)の方向けに「第一印象を上げる着こなし術」のセミナーを実施しました。

 

大手町駅直結の素敵なオフィス!

130722_オフィスビル

 

今回オーダーいただいた背景は、第一印象を上げるのは営業として必須なことに加え、

・LPさんは全員中途採用なのでビジネスマナーとしてのスーツの知識がバラバラだと思うのでインプットしておきたい

・お客様との会話のフックになるような小ネタも盛り込んで営業に役立てたい

ということでした。

 

受講者の方はほぼ男性。実は男性向けのセミナーは初めてだったので少し緊張してました。

そして更に!会議室に入ってくる方が非常~にスマートな方ばかりで、

入ってくる方を見るたびに「今日のセミナー、必要・・・?」ともう私の心拍数は上がるばかり(苦笑)

 

今日のコンテンツは、

・第一印象を構成する要素

・身だしなみのポイント

・ビジネススーツの基本と着こなしのルールとマナー

・色が持つ力

・スタイリングのコツ

です。

↓こちらが本日お配りした資料です

130722_資料

 

ビジネスに適切なスーツの色、形(ボタンの数とかシングルかダブルとか)、ベントの数。

シャツの色は?形は?(長袖が基本!ボタンダウンはカジュアル)、衿の形は?

そしてスーツの柄、靴の形、ネクタイの柄。

基本的なことですが、復習の意味を込めてあえてお伝えさせていただきました。

 

少しだけお話しした内容のご紹介です。

例えばシャツの色。日本では社内規定などで「ビジネスには白!」というイメージが強いかもしれませんが、

白に加えペールトーン(淡い色合いのもの)もOKです。

ヨーロッパでは白はフォーマルの色なので白を着ている方が少ないかも。

 

例えばその2。レジメンタルタイについて。

130722_レジメンタルタイ

安倍首相が参院選の自民党CMで付けていたのもレジメンタルタイでした。安倍首相はよくお使いです。

このレジメンタル。ヨーロッパ特にイギリスでは使わない方が無難です。

レジメンタルの柄は属性を表すのです。学校のクラス分け、大学のチーム、所属する団体とか。

なので「どこの団体の方?」になってしまいます。

 

でもアメリカの方は好きです。オバマ大統領もよくつけていらっしゃいます。

あ、上の写真は右が上のレジメンタルでこれは英国式。

左が上のレジメンタルタイはリバースというアメリカ式。ブリティッシュスタイルのスーツの場合は英国式のレジメタルタイの方がスマートです。

↓コチラが左上のレジメンタルタイ

130722_レジメンタルタイ左上

安倍首相は左が上のレジメンタルを付けていることが多いように思います(参院選のCMもそうでした)。

 

基本の話しでしたが、皆さんがメモを取りながら聞いて下さり、心拍数の上がった状態の私を支えてくださいました(感謝!)。

ソニー生命のLPの方々、本当に紳士です!!

 

長くなってしまいましたので、続きはまた次回に。

 

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ